川端株式会社TOP>パイル上の名入れ印刷について

タオルのパイルの上からの名入れ印刷

オリジナル商品を作るにあたり、一番簡易的な名入れの方法がこのオフセット印刷となりますが、輸入品の干支タオルなどは平地がない場合が多く、名入れ印刷をする場合には注意が必要です。

目次

パイル上へのタオルの名入れ印刷について

平織り部分のないタオルへ名入れ印刷をする場合にはパイル上への印刷となり、印刷の品質が低下します。

特に注意する部分

注意点

厚さによる品質の違い
タオルの厚さが厚いほどパイルが長くなる場合が多く、パイル上への印刷の品質は低下します。
顔料プリント部分への印刷
顔料のプリントがされている部分の上からでも名入れ印刷をすることは可能です。名入れの色は若干重なり、顔料プリントの色が濃いほど、名入れ印刷自体は目立ちにくくなります。

写真による印刷品質の確認

タオルは輸入品のシリンダー200匁の顔料プリント柄タオルを使用しております。

オールパイル名入れ全景

全体像

オールパイル名入れ全景

斜めからの名入れ部分の写真

オールパイル名入れ全景

太い名入れ(ベタ部分)

オールパイル名入れ全景

細い名入れのサイズと仕上がり

オールパイル名入れ全景

顔料と名入れの重なり(淡色)

オールパイル名入れ全景

顔料と名入れの重なり

オールパイル名入れ全景

細い名入れ部分でパイルが起きた場合

オールパイル名入れ全景

太い名入れ部分でパイルが起きた場合

上記は一例です。オールパイルへの名入れの品質はタオルの厚さやパイルの長さ、プリント部分の色の濃さや名入れの文字の大きさや太さ等により変わってきます。ご注文は上記の注意事項や特性をご理解頂いた上でお願い致します。



Copyright 2010 Kawabata, Inc. All Right Reserved